オンラインカジノが抱える数々の問題点

オンラインカジノとギャンブル依存症の問題

オンラインカジノは、ギャンブル依存症という課題を抱えています。
年間でもものすごい数の方が、ギャンブル依存症で苦しんでいると言われています。
パチンコやスロットで身を滅ぼしてしまうという若者も後をたちません。
こういったギャンブル依存症ですが、もちろん、オンラインカジノにもその危険性があります。

オンラインカジノと、パチンコやスロットを比較した時、オンラインカジノはやはり勝った時、負けた時のリターンの差がとても大きいという特徴があります。
また基本的にはオンラインカジノの場合にはクレジットカードでの精算になります。
従って、際限なくお金を使うことが出来てしまい、現金が手元になくても湯水のように使ってしまうことになります。

ギャンブルは、勝ち負けの波が激しいほどその快楽が強いといわれており、オンラインカジノは刺激的なギャンブルです。
そういった性質上、生まれやすいのがギャンブル依存症です。
クレジットカードが使えるという点も相乗効果になり、借金を繰り返してしまう方が多いです。

ギャンブル依存症とは、全てをギャンブルに注ぎ込んでしまい生活や仕事も破綻してしまう症状を指します。
中には借金苦で破産をしてしまう方もいたりと、深刻な社会問題となっています。
今後カジノが解禁されるに従って、このギャンブル依存症は真っ先に議論の対象となっています。

オンラインカジノが普及しつつある中で、こういったギャンブル依存症問題は早急に解決しなければならない課題のひとつなのです。

スパム広告の蔓延の問題

オンラインカジノのスパム広告が世の中に蔓延しています。
見に覚えのないような英文の広告メールが届いたり、ブログのコメント欄、掲示板にオンラインカジノのスパム広告が貼り付けられるというケースが急増しています。
これは一部の悪質オンラインカジノのやり口なのですが、一部の迷惑な悪質カジノにより、業界全体が良くないイメージになっています。

スパム広告は根絶するべき課題なのですが、未だに解決しておらず、パソコンの設定を変えるしかこの広告を阻むことが出来ません。
スパム広告の蔓延は社会問題であり、オンラインカジノ業界のイメージを改善するためにも、これを解決する必要があります。

オンラインカジノのサービスレベルは低水準

オンラインカジノのサービスレベルですが、その他のサービス産業と比較してもまだまだ低い水準です。
その理由にはいくつもの理由がありますが、オンラインカジノは歴史が新しく、一定の水準にサービスが達していないということと、言葉の壁の問題があります。
オンラインカジノは、海外の業者が運営をしているため、日本人が遊ぶ場合、サポートに問い合わせをしてもコミュニケーションがうまくとれないことがあります。
日本語スタッフが常駐しているオンラインカジノでも、こちらの言っていることが上手く通じないということはあります。

オンラインカジノのサービス意識は薄いままであり、入出金の際にトラブルはつきものとなっています。
このため、初心者の方が遊ぶ場合、少々不安な部分があります。

オンラインカジノを選ぶ場合には、サポートが充実しているオンラインカジノを選ぶようにして、慎重になりましょう。
日本語対応なのはもちろんのこと、最新情報から評価をチェックすることも大切です。

悪質なオンラインカジノの問題

オンラインカジノの中には悪質カジノと呼ばれるようなオンラインカジノもあります。
こういったオンラインカジノに登録をしてしまうと払い戻しがされなかったり、サポートに無視をされてしまったり、不正が行われていることもあります。
どれだけゲームをやっても勝つことが出来ないような不正なサイトもありますので、こういったサイトに登録をしてしまうと被害にあってしまうことになります。

オンラインカジノを選ぶ際には、人気のオンラインカジノ紹介サイトで紹介されているようなライセンスを所持している優良オンラインカジノで遊ぶ必要があります。

オンラインカジノと法律的な問題点

オンラインカジノは法律的にはグレーゾーンです。
現段階で、日本国内にオンラインカジノを取り締まる旨の法律は存在していません。
このため、合法とも違法とも言い難い存在で、法律のグレーゾーン的な扱いとなっています。

以前プレイヤーが摘発されてしまう事件が実際にありましたが、全て不起訴処分となり、有罪になった例は一つもありません。
このため、安心して遊べるのですが、オンラインカジノを提供している「インカジ」のような存在があり、法的には様々な議論があります。

インカジは完全に違法な存在ですが、オンラインカジノは全く違うものであり、このあたりは混同されがちです。
日本では、しっかりとした法律がないため、法律に関しては度々議論されています。
未だ明確な法律がないというのは、オンラインカジノの問題点となっています。


一獲千金の夢を先取りしよう

ギャンブルが好きな人にとっては、何時でもすぐに参加できるゲームがあれば、オンラインカジノはとても魅力的なゲームでしょう。

インターネットがつながる環境さえあれば家の中だけでなくでも、カフェやファミレス、電車やバスの中でも好きな時にエントリーできるのですから、これほど嬉しいことはないはずです。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、インターネットでできるギャンブルゲームなのですが、海外にあるカジノサイトにアクセスして賭けたり配当金を稼いだりできるオンライン参加型のギャンブルなのです。
以前はパソコンでしかできなかったのですが、今ではスマホでも参加できるので、時間や場所の制約が少なくとも、思い立った時にお金を賭けて楽しむことができるわけです。

オンラインカジノには、どんなゲームがある?

オンラインカジノでは、1つのサイトの中だけで、400~500種類ものゲームが提供されています。

「えっそんなにあるの?」
こんなふうに思われるかもしれませんが、基本となるゲームはスロットマシン、ルーレット、ブラックジャック、ポーカー、バカラなどの本場カジノでもできるギャンブルゲームです。
これらのゲームのバリエーションが増えて、数百種類になるわけで、決して複雑なルールがあるわけではないのです。

ビデオカジノとライブカジノ

ビデオカジノとライブカジノ

オンラインカジノには、大きく2つの流れが出てきています。

1つは、コンピューターグラフィックを使ったビデオカジノがあります。
2つ目は、カメラを使い会場をリアルタイムに撮影してネット配信するライブカジノがです。
これもリアルなオンラインカジノの雰囲気を高めています。

ライブカジノで人気なブラックジャックやルーレット

ライブカジノでは、ライブ配信が大きな特徴なので、リアルなゲーム展開が楽しめるブラックジャックやルーレットがとても人気の高いゲームです。

ブラックジャックとは、ディーラーとプレイヤーの戦いのギャンブルです。
プレイヤーは何人か参加するのですが戦いは1対1の勝負。
ルールはカードの組み合わせで、21の数字を作ることで、どららが21に近いかを競います。

ちょうど21になると勝つのですが、相当とも同じであれば、親であるディーラーの勝ちです。
このゲームの醍醐味は、ディーラーとの駆け引きで、始めに配られた2枚のカードの合計数字によって、スタンドするかヒットするかを決めることです。
追加のカードをもらうか、そのまま2枚のカードで勝負するかです。

もらいすぎて、21を越えると、その時点で負けが確定してしまいますので、追加のヒットをするか否かが勝負の鍵を握っているわけです。
この時にディーラーの顔色を見ながら次の手を考えるのですが、ライブカジノであればその感覚が把握できることから、ブラックジャックはライブで参加することが多いのです。

しかし、ブラックジャックには、自分のカードの出方やディーラーの見えているカードを見てヒット、スタンドの判断するベーシックストラテジーという攻略法があるので、これを使うことで、勝率を上げていくことができます。

ルーレットもライブでおすすめ

ルーレットもライブでおすすめ

ライブカジノでは、ルーレットも人気なジャンルです。

ルーレットには、00、0~36の数字のアメリカンタイプと、00がないヨーロピアンタイプがありますが、ルールは基本的に同じです。

ルーレット盤が回っている間にルーレットテーブルの数字にチップを置いて予想して賭けます。
これだけのことなのですが、ルーレットは確率論で攻めていく攻略法がいくつもあるので、負けが続いた時の賭け方、勝ちがつづいた時の賭け方とフレキシブルなベットで、少しでもチップを増やしていく攻め方ができるのです。

また、賭ける場所でも当たる確率、配当金倍率が異なることから、50%確率の赤・黒、偶数・奇数に賭けたり、1点賭けや2点賭けで配当金を稼ぐ狙い方もできるのです。

このようなルーレットも、ライブ配信でリアルに見て参加できる点が楽しさを高めています。

スロットマシン

もう1つのオンラインカジノのジャンルにビデオゲームがあるのですが、その中でも、スロットマシンが定番ゲームとして多くのプレイヤーの注目の的になっています。

スロットには難しいルールがなく、コインを入れてスロットの絵柄をひたすら回すだけ。
後は自動で止まり、ベットしてスタートをするだけのシンプルな流れです。

このような単純なスロットがとても人気なのは、ジャッポットがあるからです。
ジャックポットとは、大当りのことで、配当金が百万円単位レベルになります。
場合によっては、数千万円レベルに跳ね上がることも珍しくなく、日本人でもすでにこのレベルの配当金を手にしている人も出ています。

オンラインカジノでは、スロットマシンのビデオコンテンツが豊富にあるので、選ぶだけでも楽しくなります。

オンラインカジノには、まだまだ多くの魅力が隠されています。


法律上の論点と社会的問題点

オンラインカジノの社会的な問題には何がある?

オンラインカジノでプレイをする上で知っておきたいのが、オンラインカジノが抱えているさまざまな社会的な問題点です。
その中でも大きな問題が、ギャンブル依存症の問題といわれています。

オンラインカジノの社会的な問題には何がある?

ギャンブル依存症は、ギャンブルにのめりこんで借金を抱えてしまったり、ギャンブル中毒状態になってしまい抜け出せなくなるという症状です。
オンラインカジノのプレイヤーにも、実際にこのようなギャンブル依存症の患者は増えています。

ギャンブル依存症になりやすい理由として、オンラインカジノは勝ち負けの差が非常に大きく、快楽が大きいからという理由があります。
日本の公営ギャンブルと比較してもこの波が大きく、それだけ快楽を得やすいギャンブルなのです。

また、オンラインカジノは、現金決済ではなく、クレジットカードでチップ購入をすることができるという点が大きな問題です。
クレジットカードなので、もしも手持ちの現金が足りなくても後払いで済ませられますので、手持ちの現金がない方も平気で借金を重ねてしまいます。
結果、支払いに困ってしまうことになります。

オンラインカジノの問題点はいくつかありますが、ギャンブル依存症は今後カジノが解禁されるにあたって特に議論されていますし、今後も社会的に取り組まなければいけない課題です。

オンラインカジノとスパム広告の蔓延

オンラインカジノは全てが優良なオンラインカジノではなく、悪質カジノと呼ばれるようなカジノも存在しています。
こういったカジノのウェブマスターは、無差別にカジノの広告メールを送り付けたり、スパム広告をブログに張り付けたりと迷惑行為を繰り返す傾向にあります。
一度はこのようなスパム広告を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

スパム広告の蔓延は、オンラインカジノ業界のイメージが悪くなってしまうばかりです。

オンラインカジノとサービスレベルの未熟さ

オンラインカジノのサービスはまだ発展途上であり、入出金ひとつでもトラブルが起こりやすくなっています。
パチンコなどの公営ギャンブルと比較しても、トラブルが多いといわれているオンラインカジノは、サービスレベルの水準が低く、サポートも十分でなかったりすることも多いです。
初心者の方は、こういったサイトに登録をしてしまうと、ストレスを抱えてしまうことになりかねませんので、サポートがしっかりとした日本語対応サイトを選びましょう。

インカジの摘発とインカジとは?

インカジとは、オンラインカジノが、ネットカフェのような空間で提供されているという違法の店舗です。
インカジは、首都圏を中心として、繁華街に営業されていて、2006年には京都のインカジが摘発となりました。
ニュースでも話題となっているこちらのインカジですが、オンラインカジノとは異なるものです。

インカジは、オンラインカジノとは異なって逮捕の対象となりますし、賭博罪が適用されます。
同じオンラインカジノができますが、インカジには近寄らないようにしましょう。

インカジが摘発される理由

インカジが摘発される理由

インカジが摘発される理由にはいくつもの理由があります。
まず、インカジは国内の店舗の中で金銭のやり取りが行われ、現金で清算されています。
したがって、賭博の場所を与えていることになり、賭博罪が成立してしまうことになります。

一般的なオンラインカジノは海外の業者が運営していますので、金銭のやり取りも海外のオンライン電子決済サービスなどを通して行います。
このため、直接的に違法とならないのです。
ところが、インカジは資金の清算が店内で行われており、店内でギャンブルが提供されているので、警察が踏み込めばすぐに逮捕されてしまいます。

インカジの見分け方

インカジは、雑居ビルでひっそりと営業されています。
看板を堂々と掲げているわけではなく、主にキャッチで人を呼びこんでいます。
カジノがありますよと声をかけられた場合、インカジです。
このようなキャッチについていかないようにすることが必要です。

オンラインカジノは違法にはならないの?

オンラインカジノは違法にはならないの?

オンラインカジノの場合、違法にはならないかどうか気になるところです。
しかし、インカジとオンラインカジノは異なるものです。

オンラインカジノは、海外において合法とされている国から正式にライセンスが発行されて運営されていますので、非常に安全性が高いものです。
したがって、違法となるリスクは少なく、摘発されたこともほぼありません。
今後も摘発されてしまうリスクは極めて少ないでしょう。
これは、海外で運営されていることもあり、日本の法律だけで罰することができないからです。

しかし、リスクはゼロではありませんので、慎重に行うことが大切です。
また、オンラインカジノの中でも国内で営業されている違法カジノや悪質カジノもありますので、そういったオンラインカジノには登録をしないように気を付けることが必要です。