変わるものと変わらないもの

ビデオポーカーは進化はしないが変わらないゲーム

ビデオポーカーは進化はしないが変わらないゲーム

以前からプログラムの変化によって、ゲームに違いを作っているオンラインカジノもあります。
これまでとは違うゲームになっていて、違いを感じることは多いでしょう。
ビデオポーカーは、そのようなこれまでとは異なる感じをうけないように作られていて、比較的遊びやすいゲームとなっています。
今までの知識で勝負できるのが一番大きな所です。

オンラインカジノでも違いを生まない

ビデオポーカーは、既にルールが確定しており、それ以上の変化をもたせることはできません。
ワイルドカードをどうするか程度の違いで、2をワイルドカードにするならデュースワイルド、ジョーカーを入れるならジョーカーポーカーという形で提供されます。

何もしないならジャックオアベターが適応されます。
この3つの中から選ぶことになり、それ以上の変化が起きることはありません。
つまり進化することはなく、今までと同じルールの状況でプレイする形となります。

確かに変化してくれたほうが面白さはあるかもしれません。
しかし変化したことで、逆に利用しづらいような状況が生まれてしまう可能性もあります。
そのため変化しないことを望んでいる方も多いのです。

ビデオポーカーは、こうしたルールの変化がないこと、システムが違っていると感じるポイントがないために、遊びやすいところを持っています。
しかもオンラインカジノによって違いは殆どありません。ルールさえ覚えておけば、どこでも同じプレイが可能となります。

ビデオポーカーは昔のゲームとは考えないように

かなり昔からあるゲームだから、何か確率が悪いように思って避けている人もいます。
ビデオポーカーは50年近い歴史を持っていますから、基本的には古いゲームと考えていいでしょう。
でも昔から考えられているゲームなので、確率は比較的高いと考えていいです。
ここ最近登場しているゲームのほうが、確率はギリギリに設定されている傾向があるので、その影響もあって上手く当たらないことが多いです。

昔のゲームだからと考えて避けるのではなく、むしろ挑戦した方がいいでしょう。
昔ながらのゲームプランに、オンラインカジノならではの特別ルールが付けられており、倍率アップも期待できるようになります。
これからプレイしたいと思っている人にも、オンラインカジノでは隠れた魅力を持っているゲームと考えてほしいです。
ビデオポーカーは、プレイしていくとここまで簡単で、しかも勝負をしやすいゲームと思えます。

ビデオポーカーの配当は機種によって変わっていく

ビデオポーカーの配当は機種によって変わっていく

ビデオポーカーは、機種によって配当金が変わっています。
どのような形式を採用しているかは、オンラインカジノによって変わりますし、ソフトウェアによって変わっています。

ソフトウェアの違いを理解していくと、オンラインカジノで稼げる方法が色々と考えられるでしょう。
配当が高い順に機種を紹介します。

一番高いとされているジャックオアベター

最初に紹介するのは、一番高いとされているジャックオアベターです。
こちらは11以上の数字がワンペアとなっている場合、これを役として成立させられるもので、低リスクでプレイできます。
しかも配当が高いとされていて、一番高いロイヤルストレートフラッシュはかなりの数字になっています。

オンラインカジノでは多く使われている方法となっているので、見かけることも多いはずです。
ジャックオアベターのいいところは、絵札以上のワンペアが成立することで元返しとなり、失敗は起こりづらくなります。

絵札を積極的に残す方法を使っていけば、間違えてどんどんお金が減ってしまうこともないでしょう。
その一方で運が悪いとどんどん負けていく傾向がある他、中間くらいの役が稼げないと言われているので、全てで配当が高いというわけでもありません。

ジョーカーポーカーが2番目に高い配当

ジョーカーポーカーが2番目に高い配当

次にジョーカーポーカーを紹介します。
こちらはジョーカーをポーカーの中に取り入れているもので、役を作りやすいとされています。
こちらはジョーカーのサポートがありますので、基本的に勝ちやすいとされていますが、その分だけ配当が小さくなる仕組みとなっています。
つまりジャックオアベターよりも小さい金額となります。

オンラインカジノでは、ジョーカーポーカーを扱っているところが少ないとされています。
ジョーカーを入れるとただ勝ててしまったり、大きな役が登場しやすい傾向にあるため、オンラインカジノとしてはメリットが得られにくいとされています。

かなり配当が小さいデュースワイルド

最後にデュースワイルドを紹介します。
2の数字がワイルドカードとなり、ジョーカー扱いになっています。
2のカードは4枚入っていますから、ジョーカーポーカーよりも圧倒的に的中しやすいです。

しかし配当金が相当小さいことでも有名です。
このように低リスクになればなるほど配当が小さいこと、ワイルドカードとされているものを入れているだけで小さい配当になると思ってください。
これで機種を考えてプレイするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です