カジノシークレットの登録方法と身元証明について解説

カジノシークレットは、人気のオンランカジノの一つとして世界中のユーザーを虜にしています。
そんな、カジノシークレットをプレイするには登録が必要です。

今回、このカジノシークレットの登録法について説明し、出金時に必要な身元証明の登録方法、それらの注意点についても紹介します。

これを読めばきっと、カジノシークレットの登録から出金可能な状態にすることができるでしょう。
それでは紹介していきます。

カジノシークレットの登録の流れ

カジノシークレットの登録の流れ

カジノシークレットの登録ができないという意見も聞かれますが、登録はシンプルです。
その流れは、公式サイトのアクセス、メールアドレス登録、個人情報入力、メールを受け取りリンク先にアクセスというステップを踏みます。

まずカジノシークレットの公式サイトへアクセスし、「ここから登録」のボタンをクリックまたはタップします。
この操作によってアカウントの登録の流れが始まり、指示に従って様々な情報を記入していきましょう。

次にアカウントを登録、という画面になります。
ここでは、メールアドレスとパスワード、携帯番号の入力を行います。
メールアドレスは、フリーのメールアドレスでも問題ありません。
そのため、カジノシークレットのメール専門のアドレスを用意しておくのも便利です。

次にパスワードを入力します。
半角英数字でパスワードを設定し、次にそのパスワードを確認のため再入力します。
携帯電話の番号は、日本のサービスと入力方法が異なるので一つずつ確認していきましょう。

まず、国際電話の電話番号になるので、日本に割り振られた国外局番であるJP(+81)を選択し、次に頭の0を抜いた数字を入力します。

例えば、070からスタートする番号であれば、70から始めるというものです。
ここまで入力ができたら「次へ進む」のボタンをタップ、またはクリックします。

個人情報の入力は、氏名、国名、使用通貨、住所、生年月日、そして性別を入力しましょう。
氏名は半角英数字で入力し、小文字でも構いません。

国は、日本であればJapanを選択、通貨は米ドル、日本円、ユーロの中から選びます。
住所は、-(ハイフン)なしでそのまま入力し、100-1000なら1001000です。
この郵便番号を入力すれば、自動で住所が表示されるます。
あとは日本語で町名番地、例えば千代田区まで自動で表示されるので、その先の内幸町1-1-1というような形で入力して行けば住所は完了です。

カジノシークレットの登録の流れ

生年月日は、半角数字で生年月日を入力しますが、海外と同じ方式になるため日本と逆の順番で入力します。
つまり、日、月、年の順番になります。
多少混乱しますが、そこまで迷うことはないでしょう。

最後に性別を選択しますが、LGBTの方で迷った場合は、身分証明と一致させるために住民票や運転免許証で登録されている方を選択します。

最後にアカウント登録のボタンをクリックまたはタップすることで、カジノシークレットから登録先にメールが届きます。
このメールに書かれたカジノシークレットのアカウントを有効にするというボタンをクリックまたはタップすればアカウントが有効になり、登録は完了です。

日本のサービスと若干入力方法が異なりますが、一つずつクリアしていけばそこまで迷うことはありません。

カジノシークレットの出金は身元証明の登録が必要

カジノシークレットの登録は、比較的簡単です。
しかし、出金する場合は更に身元の情報を証明し、登録しておく必要があります。

その方法は、問い合わせのページで案内されている身元証明のページにアクセスし、そこで各種書類の画像をアップロードするというものです。

カジノシークレットのよくある質問、身元確認についてという項目に案内されている身元証明を行う登録サイトにアクセスします。

そこで、カジノシークレットでの登録メールアドレスを二回入力し、身分証明書としてパスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、外国人登録証/在留カードのいずれかの画像を用意して表と裏をアップロードする項目にドラックドロップやファイル選択でアップロードさせましょう。

次に住所確認書類として、発行から3か月以内の公共料金の支払明細書をアップロードします。
最後にセキュリティー確認で、画面に表示されている確認コードを入力して、「送信する」ボタンを押せば完了です。

カジノシークレットの登録上の注意点

カジノシークレットの登録上の注意点

カジノシークレットの登録上の注意点として、身元証明の情報とアカウント登録時の情報を一致させておくこと、身元証明の画像はカラーで明瞭なものを利用することです。

身元証明の情報と、アカウント登録時の情報を一致させておきましょう。
例えば、現在住んでいる場所と運転免許証の住所が違う場合は、まず通りません。
そのため、どちらかを事前にそろえておく必要があります。

身元証明の画像は、カラーで明瞭なものを用意しましょう。
スマートフォンで撮影する場合は、光が反射して不明瞭になりがちなので、照明から離れた場所や撮影の角度などをコントロールするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です