「最も危険な攻略法?」パーレー法の弱点を徹底検証

オンラインカジノの攻略法として有名な『パーレー法』は、連勝の勢いを倍々に増幅させ、短時間で高額配当を狙う強気な戦術で、幅広いプレイヤー層から人気を獲得しています。
 
今回は『最も危険な攻略法?パーレー法の弱点を徹底検証』と題し、運用時に直面する「難易度・汎用性・資金・損切り・リスク」問題に関する検証結果をご紹介します。
 
 

難易度『簡単に運用できる』

難易度『簡単に運用できる』

オンラインカジノで効果を発揮する攻略法は『パーレー法』以外にも多数あり、各攻略法によって実践時の賭け方は異なります。

『パーレー法』は、” 勝率 50 %・2倍配当のゲーム ” もしくは ” 3倍配当のゲーム ” で効果を発揮する攻略法で「勝ったら倍賭けを連続させ、負けたら初回の賭け額に戻す」というシンプルなルールのため、難易度はかなり低めです。

対して「実践時の難易度が最も高めな攻略法」を挙げるとすれば、『モンテカルロ法』でしょう。
3倍配当のゲームで運用するモンテカルロ法は、「1倍・2倍・3倍 の好きな数字を横一列に書き、両脇の数字を足した数を対象ゲームで賭け、勝敗によって数字を書き足したり、消去していく」という煩雑な賭け方なため、到底頭の中だけで把握することが難しく、メモや専用アプリなどの必須アイテムに頼らない限り、簡単に破綻するでしょう。

” 複雑な計算 ” や ” 全く異なる数列 ” を覚えておく必要のない『パーレー法』は、 ” 暗算の苦手な方 ” や ” カジノゲームに不慣れな初心者 ” も問題なく、簡単に運用できる攻略法と言えます。
 
 

汎用性『様々な投資で利用可能』

オンラインカジノで運用可能な攻略法の大多数は、効果が発揮できるゲームが限られています。
『パーレー法』が効果を発揮する主なゲームとして、3倍配当のルーレット(ダズン・カラム)、2倍配当のルーレット(赤黒・奇数偶数・前半後半)、ノーコミッションバカラシックボー(大小)などが挙げられます。

補足情報ですが『パーレー法』はオンラインカジノ以外にも、FX(外国為替証拠金取引)のバイナリーオプション(ある特定の条件を ” 満たす ” か ” 満たさない ” か、二者択一を行う投資方法)などに活用できます。

『パーレー法』はオンラインカジノ以外にも、様々な投資に利用可能な汎用性の高い攻略法です。
限られたゲーム以外で利用不可能な攻略法と異なり、様々な機会で有効的に活用できるため、覚えておいて損は無いでしょう。
 
 

リスク『損失は、最初の賭金のみ』

リスク『損失は、最初の賭金のみ』

攻略法には必ず「表裏一体の特徴」が備わっていて、メリットの裏にはリスクも当然潜んでいます。
攻略法を実践する際は「リスクも踏まえた上で運用する」ことが求められますが、『パーレー法』の実践中に警戒すべきリスクは、ほぼ無いに等しいと言って良いでしょう。

『パーレー法』は「勝利で得た利益を賭け続ける」攻略法なため、負けた時点で発生する損失は、最初の賭金のみです。
 
「実践の途中経過で負けたとしても、失うのは ” 勝利時に得た利益 ” と ” 初めに賭けた元手 ” だけ」という訳で、手持ちの軍資金が心配なプレイヤーも、リスクを必要以上に恐れる必要は無いでしょう。
 
 

自己資金『1セット1勝すれば、元手が減る事は無い』

攻略法の性質や運用方法に影響されて「プレイヤーが負担に感じる程の、高額な資金が必要な場面に遭遇する可能性もある」など、 ” リスキーな一面を持つ攻略法 ” も少なくありません。

パーレー法実践時にプレイヤーの負担になる賭金は、最初の賭金のみです。
実践時に何度も連敗すれば、損失は積み重なっていきますが、勝率 50 %のゲームで考えた場合、10 連敗する事は、ほぼ無いでしょう。
 
仮にパーレー法の実践途中で負けたとしても、1セット1勝という条件さえクリアできれば元手が減る事も無いため、高額な資金が必要になる可能性は低いでしょう。

もしも、何度も連敗が続くようであれば「無料ゲームで練習して、勝ち方を覚える」ことも視野に入れた方が良いでしょう。
 
 

損切り『引き際は、2連勝~3連勝が妥当』

損切り『引き際は、2連勝~3連勝が妥当』

パーレー法で勝利金を掴むには、上手に勝ち逃げする必要があります。
連勝に応じて利益が倍々で獲得できるパーレー法の実践中に「引き際のポイントを見極める」点が一番難しいかも知れません。

パーレー法以外の攻略法では「モンテカルロ法は、両端に数字が無くなった時点で1セット終了」「マーチンゲール法は、1勝した時点で1セット終了」という様に、 攻略法自体に1セットを終了するルールがそれぞれ設けられていますが、パーレー法に関しては、プレイヤーの判断に委ねられています。

引き際のタイミング次第で利益が掴めるか、一瞬にして吹き飛ぶか、落差が激しい点はパーレー法の唯一の欠点と言えるでしょう。
勝率 50 %のゲームで「引き際のポイント」を単純計算した場合、1勝は 50 %ですが、2連勝で 25 %・3連勝で 12.5 %・4連勝で 6.3 %・5連勝で 3.1 %と連勝の確率は急激に下がっていき、7連勝の可能性は 0.8 %と1%を切る計算になります。

プレイヤー自体の勝率に大きく左右される点は否めませんが、「引き際のポイントは2連勝~3連勝、かなり強気な設定でも5連勝が限界」だと考えた方が良いでしょう。
 
 

結論『パーレー法は、低リスクで運用出来る』

今回は『最も危険な攻略法?パーレー法の弱点を徹底検証』と題し、運用時に直面する「難易度・汎用性・資金・損切り・リスク」問題に関する検証結果をご紹介しました。

パーレー法は、” 勝率 50 %・2倍配当のゲーム ” もしくは ” 3倍配当のゲーム ” で効果を発揮する攻略法で「勝ったら倍賭けを連続させ、負けたら初回の賭け額に戻す」というシンプルなルールのため、難易度はかなり低めです。

プレイヤーが気になる運用資金も最初の賭金のみで、仮にパーレー法の実践途中で負けたとしても、1セット1勝という条件さえクリアできれば元手が減る事も無いため、低予算で遊びたい方も安心して実践することが出来ます。
 
パーレー法の唯一の欠点は、1セット終了のタイミングがプレイヤーの判断に委ねられている点です。
引き際のタイミング次第で利益が掴めるか、一瞬にして吹き飛ぶか、落差が激しいため「引き際のポイントを見極める」能力が必要です。
 
プレイヤー自体の勝率に大きく左右される点は否めませんが、「引き際のポイントは2連勝~3連勝、かなり強気な設定でも5連勝が限界」だと考え、手際よく利益を獲得しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です